05 バナー作成講座 バナーをIllustratorで作ってみたら 設定から

illustrator講座

在宅・フリーランスになるためのバナー作成講座・イラレ編

5回目のバナー作成講座は、Illustratorで、バナーを作成してみよう〜となります。上記のようなバナーを作成しますので、Illustratorの機能もいくつか紹介しつつの動画です。その為時間が多少長くなり数回に分けた動画となっています。

はてな?
はてな?

Illustratorもバナーを作れるんですね。Photoshopとどこが違うんですか?

yoshiko先生
yoshiko先生

Photoshop は写真を扱うプログラムなので、写真がらみのバナーを作るならPhotoshopで作成となりますが、写真が入らないバナーならIllustratorでも作成可能です。イラストがらみのものとかこちらの方が早く作成できますよ。

はてな?
はてな?

イラスレーターは写真が使えないのですね。

yoshiko先生
yoshiko先生

Illustratorは、写真を貼付けたり、写真のサイズ変更ぐらいはできますが、写真を明るくするとか、色を変える・・・などはできません。その変わり見本のような桜のイラストが簡単に作成できますよ。

Illustratorで作成する際の注意点 環境設定

Photoshop も単位設定がありますが、Illustratorも印刷用の設定と、Web用のディスプレイで見る為の設定があります。もともとIllustratorは印刷物のパンフレットや名刺・フライヤーやDTPものを作成するのに多く使われていますので、設定も印刷よりです。

Webでは、色はディスプレイで見るためのRGB、画面の解像度は72dpi、単位はピクセルとなるので、最初の設定も細かく行なっておきましょう。

メニューバーのファイル>環境設定の一般 キー入力を0.5px
メニューバーのファイル>環境設定の一般 単位を全てピクセルに
メニューバーのファイル>環境設定のガイド・グリッドのグリッドを10px もしくは 1px 分割数1に

Illustratorのファイル>新規作成から

新規作成より 幅300 高さ250 詳細オプションはRGB カラー 72dpiの解像度でスタートです

05 バナー作成講座 Illustratorでバナーを作る動画

04 在宅・フリーランスになるためのバナー作成講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました