ポートフォリオサイトの作り方

ポートフォリオとは、自分をアピールするためのプロフィールや、今まで作成した制作実績や課題などを掲載したまとめたWEBサイトのことです。

Web制作者として作る必要性を問われたら、これは必須です。

就活やフリーで活動する場合、特に未経験者の場合は制作実績が必要です。

「WEBサイトを作ることができます!」と言っても、相手はあなたが、どういうサイトを作れるのか?どういうデザインができるのか?あなたの実力を測ることができません。

「制作実績はありますか?」と言われた時に、躊躇せずデザインや制作されたホームページを「はい!これです!」とそのURLを先方に送る。

すぐにその場で、制作実績を見せることが、相手の信頼勝ち得る唯一の手段です。

ポートフォリオの制作行程

下記の行程を踏まえて早速作成してみましょう。

  • 参考サイトを見てまわろう
  • 掲載する内容を決める
  • ワイヤーフレームの作成
  • プロトタイプの作成
  • HTMLのマークアップ
  • CSSを使ったデザイン指定
  • JavaScript を使った動的な部分
  • サーバーにアップロード(公開)

参考サイトを見てまわろう

ポートフォリオ作成は、限られた時間の中で、できる限り早く作成していきましょう。

通常のWebサイトのように複数ページ作る必要はありません。制作実績が増えてきたら複数ページを考えますが、最初は、LPのような縦長のページを作成します。

内容的にも似通った点が多いので、参考サイトを参照しながら自分のポートフォリオにもこの掲載内容があるといいな〜という構成やコンテンツをチェックしておきましょう

【無料】ポートフォリオHTMLテンプレート(ベーシック) | 未経験からWebデザイナーへ!【2022年版】

シンプルでベーシックなポートフォリオサイト用のHTMLテンプレートです。挙動はデモをご確認ください。 デモ ダウンロード

ポートフォリオサイトの作り方!プログラミング初心者向けに徹底解説 |

ポートフォリオサイトの作り方をプログラミング初心者向けに分かりやすく解説しました。筆者が制作したポートフォリオサイトの制作過程を解説しながら、ゼロからのポート…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。